ホーム > 企業情報 > 障がい者雇用について

障害者雇用

イメージ

太陽堂封筒の雇用に対する取り組み

平成24年11月16日 弊社が東京都障害者雇用優良企業登録されました。

先代の社長の時(約20年前)、養護学校より依頼され、職場実習を経て、一名を採用致しました。
以来、弊社では、工場全体でオペレータの補助作業者として雇用を促進し、障がいを持った方の社会進出を支援する目的で、障がい者雇用に取り組んでおります。
知的障がい者の方に分かりやすいように、という配慮から生まれた「仕組み」も、結果、他の社員皆にとってもわかりやすく、全体の業務をより円滑にし、生産性の向上へつながる動きとなりました。この動きは障がい者雇用に取り組まなければ生まれなかったことでしょう。
障がい者の方が働ける「仕組みづくり」を行えば、どんな方でも働けます。社内での障がい者雇用を促進し、創業以来57年間、地域に根ざした企業として地域貢献をしていきたいと考えております。

配慮から生まれた仕組みの一例

電卓でのカウントや、時間を知らせるタイマーの使用

個数のカウントや時間へ意識を向けることが苦手な為、梱包用のダンボールの組立て、封筒を作成する機械に糊を補充するなどの作業の際、必要な時は電卓でカウントしたり、タイマー等で時間を知らせるよう「仕組みづくり」を行ないました。その仕組みが、他の社員にとっても分かりやすかった為、工場全体で利用し始め、結果的に工場の業務はスムーズになり、生産性の向上へとつながりました。

優良企業マーク

東京都障害者雇用優良企業登録事業とは

東京都障害者雇用優良企業登録事業は、障がい者を率先して雇用しその能力活用に積極的な企業を登録し、その取組を広くホームページ等で周知することで障害者雇用の一層の拡大を図ることを目的としています。

引用元:TOKYOはたらくネット

ページトップへ