ホーム > 社会活動 > 電力の見える化

電力の見える化

“カーボンアイ”を導入

私たちの使命は持続的に環境負荷低減を行いながら、封筒を製造する事です。その為にも全機械にオンタイムの消費電力を把握出来るカーボンアイを設置し、作業のムリ・ムダ・ムラ・ロスを把握し要因分析から改善へ繋げる事で CO2の削減へ取り組んでおります。リアルタイムの電力測定によって生産工場の実態をすべて「見える化」し、経営者・工場管理者に一目瞭然なものになりました。

「カーボンアイ」の導入効果は大きく2つあります。ひとつは改善によるコスト削減&CO2削減です。これは主に工場サイドのメリットです。もうひとつは環境、特に「CO2の見える化&削減」を軸にした新しい提案を行うことで新規受注&新規顧客の獲得が実現できます。これが営業サイドのメリットです。「カーボンアイ」をツールとして自社の営業戦略に組み込むことにより、自社のマーケットを拡大することができます。

2010年度において、印刷物CO2排出量算出・積算システム「カーボンアイ」や電力計測機器などの導入が、国より「省エネルギー計測監視設備等導入助成事業」として認められました。

「カーボンアイ」は実際の各印刷製造工程(制作~印刷~製品輸送)からのCO2排出量を実測・算出し、その結果を表示します。(製造報告書・カーボンフットプリント)こうして印刷製造工程のCO2の「見える化」を実現し、次の段階である「CO2排出量の削減」へ大きく貢献します。

  • 株式会社太陽堂封筒 電力監視システム
  • 測定画面

ページトップへ